HomeKaizenSeminarHands onMissionFirm ProfilesContact UsRelationshipsBlogKanBanJapan

Harry Consulting Services Google+

Archive Newer | Older

Thursday, January 12, 2017

介護施設の現状

介護施設の倒産のニュースを見ました。

介護を要する高齢者は今後も増え続けますから、ビジネスチャンスとばかりに甘い目論見で異業種から参入し小規模でスタートした施設の資金面や経営面での行き詰まりから倒産するケースが少なくないようです。

これを乗り越えた施設でも慢性的な人手不足で悩んでいることと思います。

以前にも書きましたが、日本の介護はフィリピンで言うところの「介護」+「ハウスキーパー(メイド)」の職務内容となっています。

後者がたいへんきつく、その割りには時給が安いことが人材不足の要因でもあります。

介護の人が本来の介護のお仕事ができる環境整備が求められます。

また、ハウスキーパーの仕事も縁の下の力持ちとして立派な仕事でもあり、プライドを持って仕事に就けるような体制作りが大切です。

3:00 pm jst          Comments

新卒の入社試験に算数

ある中小企業さんの社長のお話を覚えています。

新卒採用についてのお話をされたのですが、猫も杓子も大学に行く時代、新卒の学力レベルは確かに以前と比べると落ちているので、入社試験では算数の問題を出すそうです。

数学ではなく算数です。その中でも分数の計算を出すと話していました。

この企業はNC旋盤加工製品がメインですので算数の知識は必須とのこと。

 

私はフィリピンに12年間滞在した経験がありますが、フィリピン人は割合(パーセント)の計算が出来ません。

お店に行けば「セール」という表示があっても「何割引」という表示はたしかにあまり見たことがありませんでした。

フィリピンでも実は猫も杓子も大学へ、の時代です。

大学の数が圧倒的に多いので、とりあえずその気になればどこかの大学へ入ることが出来ます。

むしろ入学した後の問題は学費。学期ごとの支払なのですが、これができずに休学・退学する人も実は多いのです。

結局、おカネのある家庭はそこそこいい大学へ子供を入れることができます。 

9:22 am jst          Comments


Archive Newer | Older

E-mail to Harry Matsumura


(C) All rights reserved. 2017 Harry Consulting Services