HomeKaizenSeminarHands onMissionFirm ProfilesContact UsRelationshipsBlogKanBanJapan

Harry Consulting Services Google+

Archive Newer | Older

Monday, November 21, 2016

営業と製造とのやりとり

「営業とのやり取り」について、ある製造マンからの質問がありましたので、こちらへ回答を投稿しました。

営業マンあっての製造ですし売るモノがあっての企業なのですが、時と場合によってセクショナリズムに陥ってしまい、自分の職場のみ、自分のエリアだけを考えてしまうものです。

これを部分最適ともいいますが、これは私も含めてサラリーマン時代には誰もが陥ることではないでしょうか。

企業のゴールは「ゼニを稼ぎ続けることである」と故ゴールドラット博士は述べていましたが、そのゼニを稼ぎ続けるシステムを私達は考えなくてはなりませんし、そうかと言って、品質や納期が台無しではどうしようもありません。

皆さんの現場では、会社では、この全体最適に向かってベクトルが一致しているでしょうか。 

3:12 pm jst          Comments

Saturday, November 12, 2016

最先端のエレクトロニクス茨城工場見学

昨日は、茨城県内の大手エレクトロニクスメーカの茨城工場見学会、とくにIoT運用状況視察ツアーといった内容でした。

 閑静な環境下で大変清潔な工場でした。

現場へ案内され、ある意味「ほっと」しました。

表現が難しいのですが、訪問前まではIoTシステムでがちがちの工場というイメージを抱いていましたが、実際の現場に入ると、結構手作業が多く、またトラブル記入シートなど手書きの帳票類など、全てがハイテクというものではありませんでした。

まだまだ機械とヒトとのコラボが要るのが実情なのだな、というのが第一印象でした。

また、別のフロアーは全てが人材派遣会社からの派遣社員でまかなわれており、こちらはまだまだ改善の余地あがる、とマネージャは話していました。

フィリピンでの工場指導の長い私から見ますと、まだまだ改善できるな、ムダが多いな、という印象を受けました。IoTといわれていますが、完全にネットで制御・統制される時代はもうしばらくかかりそうだ、というのが私の所見です。

みなさんはいかがお考えでしょうか。 

11:26 am jst          Comments


Archive Newer | Older

E-mail to Harry Matsumura


(C) All rights reserved. 2017 Harry Consulting Services