HomeKaizenSeminarHands onMissionFirm ProfilesContact UsRelationshipsBlogKanBanJapan

Harry Consulting Services Google+

Archive Newer | Older

Saturday, May 31, 2014

5S

整理、清潔、整頓、清掃、しつけ、いわゆる5Sですね。

このあいだ、訪問した製造会社さんでは、オフィスに社長の奥さんがお孫さんを連れて来る、業務の机の中にはお菓子や小銭、ゴルフボールがつまっている、検査の作業机の上には、スナック菓子の袋が。。。

これでは、5S以前の問題です。風紀が乱れていますね。

みなさんの職場ではいかがでしょうか。

スナック菓子はありませんか。ゴルフボールは引き出しの中にはありませんか。

仕事に関係ないものはありませんか。

いま一度、仕事ができる環境について、考えてみましょう。 

9:57 am jst          Comments

Saturday, May 24, 2014

産業心理カウンセラー

産業心理カウンセラーの資格を取得しました。

これまでにたくさんのクライアントさんの業務改善をしてきましたが、もとをただすと案外人間関係だったりすることが、多々ありました。

そんなとき、これまでであれば、「そうなんだ~」で終わってしまっていたかもしれないことが、解決できる糸口を探ることができるようになったと確信します。

とくに、傾聴のテクニックは、プロのカウンセラーの指導もあってよく学ぶことができました。

でも、これはあくまでも第一歩。

これまでのコンサルティングのツールの一つとして産業心理カウンセリングでもフィーをいただくためには、より精進しなければいけません。

己を律していきたいと思います。 

4:06 pm jst          Comments

Wednesday, May 21, 2014

現品管理の決定版、かんばん

倉庫での在庫管理システムをつくる場合は、発注点方式のかんばん方式を推奨しています。

かんばんを付けるメリットは、かんばんにより現品管理を意識するからです。

棚番地、品番、仕様、発注点、リードタイムなどをある一定期間は固定するのですが、この一枚のかんばんによって、倉庫マンや業務はものの見事に意識をしてくれます。

そこにはコンピューターはあまり必要ありません。

もちろん、品目のデータベース作成にはコンピューターシステムのメリットは承知していますが、そもそもデータベースのデータの5Sがまず必要なのではないでしょうか。

現地現物主義による現品管理の徹底化、そのためのかんばん方式はとくに倉庫の初期設定や改善のツールとしてベストではないでしょうか。 

9:35 pm jst          Comments

Monday, May 12, 2014

5S

みなさんのオフィスや現場での5Sは、どんな状況でしょうか。

忙しくてそのようなヒマがない? すでに実行しているからこれ以上要らない?

いろいろなコメントが聞こえてきそうですが、まずは皆さんの机の上、机の引き出しの中は一体きれいでしょうか。

机の5Sにルールはありません。まずは、不要なモノを間引きすることからスタートしなければなりませんね。

間引きできたら、分類しましょう。

そして、自分の机のそれぞれの引き出しにエリア番号をつけて、たとえばエリア1番、エリア2番というようにして呼び、それぞれに何を入れるか、のプランを立ててみましょう。

そしてこの状態をキープするために、整頓できるツールなど小物を準備してそれぞれに格納をします。

できれば、この活動をサイクルを決めて繰り返してみてください。

オフィスの5Sが見違えるほど改善できますよ。 

12:56 pm jst          Comments


Archive Newer | Older

E-mail to Harry Matsumura


(C) All rights reserved. 2017 Harry Consulting Services