HomeKaizenSeminarHands onMissionFirm ProfilesContact UsRelationshipsBlogKanBanJapan

Harry Consulting Services Google+

Archive Newer | Older

Thursday, January 30, 2014

ガイダンスは日本語
家内はフィリピン人なのですが、今日は英会話学校の講師のガイダンスがあり、午後参加をしてきました。

他の日本人の講師たちはアメリカの大学を卒業しているそうです。

ガイダンスの進行役の方たちも同じくアメリカの大学を卒業しるそうです。

聞けば家内が驚いたのは、全員がアメリカの大学を卒業しているにもかかわらず、すべて日本語でおこなったそうです。

しかも、英会話学校で、とちらかといえば子供向けのカリキュラムが得意な学校です。

子供には英語を強いているのですから、英会話学校なのですから、大人が先頭になって英語をつかうようにしなければいけません

10:28 pm jst          Comments

Wednesday, January 29, 2014

チャイニーズニューイヤー
チャイニーズニューイヤーは今月末なのでしょうか?

ひたちなか市内には中国人が多数滞在しているようです。
日立関係の企業に勤めている中国の方の奥さんのグループがあり、昨日は家内がそのグループに呼ばれて、チャイニーズニューイヤーの食事会に参加してきました。

手作りギョーザをたくさんこしらえてお昼を共にしたようですが、食べきれなくなった分を我が家に持ち帰ってきて、夕食はギョーザパーティーでした。
10:04 am jst          Comments

Tuesday, January 28, 2014

つくばまで水戸から高速バスで

今日は、つくばへ行ってきました。

県内で主に展開している信用金庫さんのお得意さんの、さまざまな経営課題解決のための、マッチング交流会に参加をしてきました。

水戸からつくばまでは直通バスがあります。水戸から高速道路にのり、土浦で降りて、つくばのバスセンターまでのコースです。

最近の高速バスは快適ですね。バスの利点は、座れること、自分の自由な空間を持てることに尽きます。

帰りはバスの時間の折り合いがよくなかったので、土浦駅からJRで帰宅しましたが、今度都内へ行く際には、高速バスで行きたくなるほど、バスの快適さがやみつきになりそうです。

11:24 pm jst          Comments

Saturday, January 18, 2014

一個流しが儲かるわけ

私は結構台所仕事が好きです。


食後の皿洗いはよく手伝います。


家内は、シルバーボールのなかに、ありったけの脂っこい皿やスプーンを入れ、そこへ洗剤を混ぜた水をいれてしばらく放置しておきます。


その後、洗剤をつけながらスポンジで洗い流していくのですが、私はこれと逆のことをして、よく家内から叱られます。


私は手に持てる程度ですが無理のない数量のお皿やスプーンをそれぞれ洗い場へ持っていきます。


そして、一つずつ洗剤のついたスポンジで洗い流していき、終えたら一時置き場へ置き乾かしていきます。


家内がおこなう、シルバーボールへのまとめ入れ、はやりません。


家内は、一括でまとめて洗った方が水の節約にもなるし、効率的だ、と話します。


でも、問題なのは、狭い我が家のキッチンで、そのようなことをされると、一時放置の間はまにもできません。


また、2歳になる娘の面倒も一緒に見ているわけですが、ちょくちょく娘の用事で持ち場を離れなければなりません。


このように、経済的と思われていることでも、突発的なことなど、予期せぬことの際には、全体としての機能がストップしてしまうことが分かると思います。


在庫管理も同じことが言えます。EOQ(経済的発注量)の古典的考え方をご存じの方も多いと思いますが、これは、年間の使用量が分かって初めて使える考え方です。


多様性のいまの時代、年間の使用量の予測はついても、実際にその予測通りにはたしていくのか、突発的なオーダーや急なお客様からの対応もあり、ラインを組み替えることはしばしばではないでしょうか。


その点、一個流しであれば、突発的な対応の際は、すぐにそちらを優先することができますね。結果としてムダもすくなくなります。


我が家のキッチンで、一個流しをいつも実践している私です。



2:19 pm jst          Comments

Wednesday, January 1, 2014

謹賀新年

皆様、新年あけましておめでとうございます。


幸多き2014年になりますよう、お祈りします。


コンサルティングをしてくるなかで、問題を突き詰めると、結局ヒトに起因することが多いものです。


今年は、従来の在庫管理やスループット向上のためのコンサルティングとあわせて、ヒトの内面についてもっと研究し

コンサルティングに活かせるようにしていきます。


今年もこれまで以上にご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

10:29 am jst          Comments


Archive Newer | Older

E-mail to Harry Matsumura


(C) All rights reserved. 2017 Harry Consulting Services