HomeKaizenSeminarHands onMissionFirm ProfilesContact UsRelationshipsBlogKanBanJapan

Harry Consulting Services Google+

Archive Newer | Older

Monday, December 30, 2013

家内は2歳になる娘をつれて、柏へ今朝行きました。


習志野に同じフィリピン人の友達がいまして、二人のちょうど中間地点で会おう、となり

柏駅の駅ビルで食事をすることになったようです。


JR常磐線の特急で柏駅まで行くのですが、漢字のわからない家内は英語の自販機で切符を買い求めます。


今日は往復切符を買い求めようとしたようですが、分かりにくかったため、片道を勝田駅で買ったとのこと。


たしかに、日本人でも特急の往復を自販機で買おうとなるとちょっと躊躇してしまいます。


JRさん、もう少し分かりやすい自販機にしてほしいものですね。

11:54 am jst          Comments

Thursday, December 26, 2013

昨夜、学生時代の友人の一人の石山君が亡くなりました。

ヘビースモーカーそして酒も飲み、半年ぐらい前だったでしょうか、肺がんと診断され、松戸の病院へ入院していました。

一時は症状もよくなったと聞いていましたが、とても残念です。

彼は専門学校時代、クラスメイトで、しかも新聞奨学生でした。私も新聞奨学生でしたから、お互いの苦労は身に染みて
わかっていて、私が独身のときには年末年始休暇を利用してよく彼の家に泊まりに行っていました。

彼の家は足立区の下町にあって、それはそれはすごい部屋でしたが、彼によってはお城で、私も付き合いで
はしごで飲み歩いていました。

風呂がついていませんでしたから、近くの銭湯へも一緒に行きました。

私がビジネスでフィリピンで生活していた、たしか2002年ごろでしたでしょうか、彼が遊びに来てくれたこともありました。

思い出はたくさんありますが、冥福をお祈りするばかりです。
1:01 pm jst          Comments

Wednesday, December 25, 2013


みなさん、メリークリスマス!


どのようなクリスマスをみなさんはお迎えでしょうか。


昨夜、我が家にもサンタクロースが来ました!


今朝、郵便ポストを開けると、(写真添付)チョコレートの入った袋がありました。


これ、実は、深夜タクシーのバイトを副業でやっている高校時代の友人がくれたものでした。


聞けば、24日は運転手がサンタクロースの恰好をしてお客さんにささやかなギフトとして

このチョコレートを渡したそうです。


で、これが余ったのか、気を使ってくれて、私のポストの業務中に入れてくれたみたいです。









harry/kozawa_gift.jpg

10:24 am jst          Comments

Monday, December 23, 2013

年の瀬は気を付けましょう

今月上旬に左足を骨折してしまいました。

ちょっとした不注意で、足を踏み外し、はじめは捻挫程度かと思っていましたが、病院でレントゲンをとったところ、

骨折していることがわかり、即入院、そして手術をしました。


年の瀬はなにかとあわただしいのですが、気を付けたいものですね。



harry/mybrokenleg.jpg

12:07 pm jst          Comments

Monday, December 16, 2013

ちまたでは、マニラで邦人2人が身代金目的の誘拐にあったようで、このニュースがひっきりなしです。


フィリピンではクリスマスは一年で最大のイベント。職場ではクリスマスパーティ、自宅でも海外に出稼ぎに行っていた兄弟姉妹が

帰国して盛大なパーティーをします。


子供には、日本のお年玉にあたるのでしょうか、チップを与えます。小さいこともには20ペソですが、この時期はやたら

100ペソが不足します。スーパーにいっても、お釣りの100ペソが不足していて、不便です。


いずれにしても、お金が要る時期です。職場では、クリスマスボーナス(一か月分)が出るのが、常識です。


いや、常識よりも、これは労働省から指導される義務です。


ですから、定職のない、お金のない現地人は窃盗、スリ、強盗への魔が差します。


フィリピン人でさえ、12月は細心の用心を払う時期です、私たち外国人はより一層用心が必要です。


フィリピン人で最近よく狙われるのが、コールセンター帰りの従業員です。


夜勤で疲れてバスや電車のなか、ジープニーでうたたねしている最中に、スリにあうのがよくあります。


コールセンターの従業員は米語ができますが、サラリーもかなりいいので、一般のフィリピン人から見れば

ねらい目なのですね。


つい先ほど、実家の母から、青森の叔父が梯子から落ちて頭をうち、手を骨折した、と電話をかけてきました。


日本でも年の瀬はなにかと忙しいものです。お互いに気を付けましょう。

5:59 pm jst          Comments

Sunday, December 15, 2013

職場の安全管理
職場の安全管理はみなさんの会社ではどのようになさっているでしょうか。

配送業務を主とするある会社では、安全運転についての従業員訓練はしっかりとやっていますが、職場内の安全管理についてはまだまだ改善の余地があります。

たとえば、廊下や階段の左側通行の徹底のため、床に歩行矢印をペイントしていますが、忙し時間帯になればなるほど、従業員は右側を歩いています。

配送業の場合、荷物の落下対策として、安全靴をはく従業員は数えるほどです。また帽子着用もまだまだ徹底されていません。
忙しいのはどこも一緒です。

そのなかで、どのようにして従業員を危険から守るか、についての工夫は各会社でもより徹底する必要があるかもしれません。
3:24 pm jst          Comments


Archive Newer | Older

E-mail to Harry Matsumura


(C) All rights reserved. 2017 Harry Consulting Services